弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士費用としてご負担をいただくものには、法律相談料、着手金、報酬金、実費、日当、手数料などがあります。

法律相談料
弁護士が相談者様へ行う法律相談の基本料金です。30分あたり原則5,000円(消費税別)となります。
こちら、弁護士への相談に対する基本相談料になりますので事案によっては費用をいただかず、相談をお受けする場合もございます。
柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
着手金
事件のご依頼を受けるときに最初にいただく費用です。事件の結果に関わらず発生するものになります。
報酬金
事件が解決にいたった場合に、いただく費用です。
実費
事件処理に必要な経費のことです。郵便切手代、印紙代、交通費などです。
日当
弁護士が事件処理のために、出張する場合、事務所外へ出張ないし移動を行う場合の交通費、宿泊費の費用です。宮崎県外への出張の際、発生します。
手数料
当事者間の争いがなく、事務的な手続きを依頼する場合に発生します。
遺言書や契約書の作成、遺言執行、会社設立、登記、登録などがこれにあたります。

弁護士費用について

詳しい弁護士費用については、各特設サイトにてご紹介しています。
基本的には、(旧)日本弁護士連合会報酬基準に準拠した着手金と報酬を設定しています。
ご相談の内容に応じて柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。